安心できる老後を確保【リッチライフな余生をGET】

pension

備えが大切

今や公的年金だけでは不安な時代

何をもって老後の生活をまかなう予定かと問われれば、多くの人が公的年金と答えます。しかし将来、いや現在においてさえも、この答えは徐々に成り立たなくなってきています。 一般に、夫婦2人が老後を過ごすために必要な日常生活費は平均して23万円前後と言われています。これは、学校を出てから定年までずっと厚生年金に加入し続けていた人であれば、公的年金だけでもまかないきれる額です。しかし国民年金だけの自営業者や、リストラなどで加入期間に空白が生じてしまった人などにとっては達成が困難な金額です。 また、少子化による現役人口の減少により公的年金財政は今後悪化していくことが予測されています。十分な年金支給水準に達していたはずの人でも、支給額の減額などが起こる可能性があります。

不動産投資で安定的な私設年金を確保

こうした予測を踏まえ、現在では公的年金を補完するものとして私設年金の必要性が盛んに言われるようになってきています。 私設年金は、現職を退いた後でも毎年安定して収入が得られる手段のことをいいます。代表的なものとしては保険会社が販売する個人年金、株式や投資信託の配当金、不動産投資などがあります。このうち最も安定性に優れているとされているのが、不動産投資です。 私設年金としての不動産投資とは、購入した不動産から家賃や地代などの収入を定期的に得ることをいいます。家賃等の額はインフレ連動性があるので個人年金のように金利変動で目減りしてしまうことなく、株式のように企業倒産等によって価値を喪失してしまうという心配もありません。場合によっては自らの生活の拠点とすることもできます。老後の安心を支える私設年金の獲得手段としては、非常に優れた手段方法です。